村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

狭小の住宅の間仕切り工事作開始、広さの感覚5・子どもの育ちも見守る住宅12

村上建築設計室です。

子どもの育ちも見守る住宅12 の間仕切り工事が始まりました。
30坪に満たない家の間仕切り工事で、
それぞれの部屋のスケール(広さの感覚)が見えてきました。

b0118287_10295410.jpg


































お子さんが4人いるので子ども部屋の工夫も必要です。
2種類の部屋が用意されています。
一つは将来間仕切ることのできる、共有ゾーンと呼んでいる大きめの1室。

下の二人のお子さんたちはまだ小さいので、
パパとママと一緒に寝ます。
大きくなるまでは、その場所は子どもたちのプレイルームになります。

もう一つは、個室ゾーンと呼んでいる個室です。
お姉ちゃんとお兄ちゃんのそれぞれの個室で、
小さいけれど収納、勉強スペース、就寝すペールが設けられていて、
自分のことは、自分で管理します。
上の写真は、その個室ゾーンを、共有ゾーンから見た写真です。


4人とも大きなるまでは、みんなの場所でお勉強。
家の中をすみずみ使うことができるように、
階段も勉強コーナーになります。
勉強だけでなく、遊び場にもなり、
親の気配を感じながら、一人の場所にもなる階段を設けています。
下の段の蹴込み(階段のつま先側にくる板)をなくすし、
階段の踏み面(階段の平らな部分)を机にしています。
階段途中のちさな棚もそのためのしつらえです。

b0118287_10421274.jpg


































間仕切りの骨組みが終われば、ボードが張られ、
家の広さが明確になり、
様々なものが納められている、
新たな広さの感覚を得られると思っています。

間仕切りが終われば、家具などの造作工事に入ります。
そこに、生活のいろいろなシーンが浮かび上がってきます。
完成まであと2ヶ月半。
生活のシーンを感じられる場所が現れてきます。
楽しみがいろいろです。

前工事はこちらから

村上建築設計室のホームページはコチラ。http://www.murakami-design.com/

*
by murakami-design | 2016-12-20 10:55 | 北区・上十条の家(子育て家族)