村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

21坪の住宅・子どもの育ちも見守る住宅12  光の箱

村上建築設計室です。

狭小の住宅で、リビングと畳の間を連続させて、
広さを確保して例です。

b0118287_04411226.jpg

















普段は障子を開け放ち、
解放感を得ることができます。

閉じているときは、
光の箱として、
畳の間がリビングに対して、
その存在がが浮かび上がり、
天井の開放部分によって
空間の奥行きを表現していきます。

b0118287_04420395.jpg




























狭小の空間の時、建具などを利用して、
変化を用いることで、
広さを得ることができます。
開閉による感覚の変化です。

この光の箱の、
消失、出現によって、
空間の様相はガラリと変わります。

「光の箱」
この住宅ではとても重要な役割を果たしています。


この住宅の物語の始まりはこちら

ホームページはこちら



by murakami-design | 2017-06-01 07:00 | 北区・上十条の家(子育て家族)