村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

家事ストレスと子どものストレス③

間取りが生む悲劇・・・。身近なところに犠牲者がいたのでした。。。

お子さんが生まれて、多くの家では階段やキッチンにベビーゲートをつけると思います。

赤ちゃんがハイハイをはじめると、あわててベビーゲートをお店やネットで調べてみたり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はそれますが、ベビーゲートのデザインって本当に限られているのですよね。
まず、「こどもデザイン=キャラクター」的なものが多いこと。
ベビーゲートは「子ども用品」というよりは、「インテリア建具」であって欲しいのですが、
どどどど~~~~んと、おなじみキャラクターがいてはるのです。
次に、木製のシンプルなものがあっても、「階段上には不可」というパタンが多い。
階段の上に使えて、シンプルなもの、なかなか見つかりませんでした。

で、3年前に我が家で購入したものはキディガード
これは、とてもシンプル♪で、使用しないときには
ロールブラインドのように巻いてあるので小さなお宅にオススメです。
開け閉めに両手が必要なので、少々手間がかかりますが、
乳児には自分で開けられないので安心です。
いまはカタログ通販などでもよく見かけますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


話を元に戻すと、このベビーゲート周りで事件が起きました。

キッチンから死角になるリビングから階段への入口。
ここにもベビーゲートをつけていたのですが、夫か私か、どちらかがゲートを閉め忘れました。
(「誰が・・」は曖昧なままの方が、波風が立たないので触れないで下さい・・)

そして、
いつものように夕食の準備をしていたら、聞きなれない音・・・。
?と思って振り向くと、歩行器に乗っていた息子がいない!

ひゃぁぁ~~~。もしやっ!
と階段へ向かうと、最後の2・3段、落ちていく息子をスローモーションで見ました。

「階段から落ちるなんて~~~。」
「しかも歩行器に乗ったまま落ちるなんて~~~。」

私の厄年を息子が全てかぶってしまったかのよう・・・。

すぐに救急病院で検査を受けましたが、
幸い、コブとボクサー並みのファイトマークで済みました。
これは本当に不幸中の幸い。息子にはひれ伏してお詫びしました。。


それから1週間ほどは、商店街で会う人会う人に怒られ・・・凹む毎日でしたが、
かかりつけの小児科に行くと、受付のベテランお母さんに
「あぁ~。みんなやるのよね。でも、子どもって意外と平気なのよ。」
と、言われて救われました。こういう一言で立ち直れるのですよね。

そして、我が家では。。。
この事件を機に、キッチンのレイアウト変更を考えるようになりました。
資金も無いのでDIYですが・・・・・・。ファイト!お父さん。
※これはプレッシャーですよ。お父さん。
by murakami-design | 2008-03-28 13:08 | 子どもの住環境