村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:東十条の家(大人の2世帯)( 26 )

高密度:東十条

村上建築設計室です。

狭小地での鉄骨造3階建ての住宅です。
2間に満たない間口・奥行10mという敷地。
地盤が悪いため、杭を6本打っています。
写真は杭の頭(杭頭)のプレートを設置したところです。

写真には型枠、杭、根伐りの残し(島のようになっているところ)など
かなりの高密度で見えています。
設計が大変でしたが、
施工はそれ以上に大変です。

b0118287_11294348.jpg

















施工の皆さん、本当にありがとうございました。








にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2012-09-14 11:32 | 東十条の家(大人の2世帯)

鉄骨造の外壁・断熱:東十条

村上建築設計室です。


鉄骨造の内側断熱のときの注意点は、
いかに断熱欠損、熱橋を作らないかということだと思います。

それを考えると現場発泡ウレタンで、
鉄骨を全部くるんでしまうという方法のほうがいいと思います。

私共の事務所でも間口3.5mの重量鉄骨造の住宅を設計しましたが、
一番の苦労したのは「内部空間を1mmでも広く」でした。

その住宅で採用したのは、
日鉄住金鋼板株式会社の金属断熱サンドイッチパネルです。
http://www.nisc-s.co.jp/products/panel/

価格の面で難しいかもしれませんが、
いろいろと考えると、やはりベストだと思います。

1.パネルがそのまま室内の壁として使える。
 (鉄板ですので冬はひんやり感が少しあります)
 なので、鉄骨の外側の面が室内側の壁のラインです。

2.外断熱なので断熱欠損がない。熱橋がほとんど生じない。

3.塗装品なので外壁取付け後に外壁に関する他の工事が発生しない。
 ALCの場合、防水工事(シール工事)、塗装工事、断熱工事が発生する。
 内壁仕上げ

4.単体ではALCより高いですが(パネル内側を室内仕上げとする場合)
 「ALC+塗装+防水+断熱+内壁下地+内壁仕上げ」という複合価格で考えると、
 そんなにずば抜けて高いことはない。

5.製品が軽いので構造的に有利

ということで、室内環境、室内寸法を最優先で考え、
価格としてはUPしましたが、この製品を採用しました。

b0118287_1221160.jpgb0118287_12212014.jpg






にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2012-01-21 12:21 | 東十条の家(大人の2世帯)

大人家族の住まいとは:東十条

村上建築設計室です。

これまで、どちらかというと、
子育て世代の住宅を考えることが多かったのですが、
ここ数週間、「大人の家族」について考えています。

そえぞれがプロフェッショナルの仕事をしてきたご夫婦。
共に住みつつも、お互いの時間と空間を干渉せずに、
それぞれのペースで楽しむ暮らしのかたち。

お客さまから出されたテーマはとても深く、とても悩みました。
家族とは?家とは?

難しいけれど、とても貴重な時間をいただきました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2009-10-22 11:52 | 東十条の家(大人の2世帯)

大人の家―パソコンデスク:東十条

村上建築設計室です。

先日、お施主さんのお宅のパソコンデスクをつくってきました。

ホームセンターで部材をカットしてもらい、
現場で組み立てるというDIYレベルですが、
現場寸法に合わせてつくることが出来るので、
たまにお手伝いしています。

b0118287_1531328.jpg


気に入っていただけたかな??

それと、お施主さんの強いご要望は、
ひじ置きがあること。
(わかりづらいですが、写真右手の小さな板です)
アルミ部材を使って固定しました。

ラウンド型の形状を想定していましたが、
手ノコで切るには限界もあり。
船底のような形になりました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2009-02-12 15:34 | 東十条の家(大人の2世帯)

家の壁の有効活用 ニッチ:東十条

村上建築設計室です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?スタッフ遠藤です。

僕は相変わらず元気で過ごしています。

今回は、最近竣工した住宅での画像を交え、思ったことを書いていきたいと思います。

b0118287_13215450.jpg


これは壁を凹ましてつくった棚です。ニッチと呼ばれているものです。ちょっとした収納や

インテリアとしてアクセントに使われたりします。柱と柱のあいている部分を使い隅々まで

有効に使うことが出来ます。

b0118287_13284491.jpg


今回お施主さんは、かわいい雛人形を展示していました。

季節によって飾るものを変えることで、買い物でのインテリアを見るときにも選ぶ楽しみ・

悩む楽しみ・飾る楽しみが生まれることでしょう。

住宅内では壁を見ることが多いため、ニッチなどアクセントをつけることにより、空間に

メリハリがつきセンス良く見えます。

雛人形と同じように思い出を飾ることで、徐々に家も生活になれ、お施主さん色に

染まっていきます。

次の季節には何が飾られるのでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by murakami-design | 2009-02-09 13:43 | 東十条の家(大人の2世帯)

大人の家―茶箱でパソコンデスク:東十条

村上建築設計室です。


先日、年末に引渡しが終わったお宅にいって来ました。

日曜大工レベルでパソコンデスクを造りつける予定があり、
現場採寸してきたのですが、そこで素敵なものを発見。


b0118287_23532214.jpg



古い茶箱をパソコンデスクとして利用されていました。
どの位古いのかわからない位、古いもの。
他にも昔の銭湯で使われていたような竹を編んだカゴなど、
風情あるものが、新居でもオーラを振りまいていました。

そして、こちらのお施主さん。
今日はこんな連絡がありました♪
「玄関ポーチのポスト、自分で作ってみようと思うんですけど・・・」

お引越ししてから、
何かとDIYで棚をつけたりすることがあったようです。
自分で住まいに手を入れることは、愛着につながりますし、
もちろん、家は喜びます。

今よりも数年後、十数年後、もっともっと素敵なおうちになるのだろうな。
と、嬉しい気持ちになりました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2009-02-05 00:03 | 東十条の家(大人の2世帯)

大人の家―洗濯物の居場所:東十条

村上建築設計室です。

今日はちょっと家事のお話。


「ここはね~。幹線道路が近いから、洗濯物は外に干すと余計に汚れるの。」

鉄骨造3階建て住宅の打ち合わせのときのお施主さんの言葉です。
このひと言で、今回はバルコニーなどの外部空間を設けず(予算のこともあり・・)
室内干しに徹することに決めました。

上階からの光をおろすための吹抜けを設けていましたので、
その吹抜け上部を洗濯物の定位置にすることになりました。
こちらのお宅では、1階がお母さまの居室なので、お風呂は1階に。
また、家事効率から2階のキッチンの近くに洗濯機を備えることにしましたので、
3階の吹抜けに干すとなると、洗濯物を1階から2階、2階から3階へと運ばねばなりません。

「50代のご夫婦と80代のお母さま」という家族構成を考えると、
将来的には、「水を含んだ洗濯物をもって階段をあがる」という毎日の動作は
大変な負担になります。

そこで、2階で干した洗濯物を電動で3階まで上げることにしました。
電動で上下する物干し、商品化されているものもありますよね。
パナソニック電工など・・。
ただ、商品化されているものでも1層分の移動をするものは皆無。


これを現実とするための情報収集にもかなり時間を使いました。
結果的に舞台設備のバトンをつかうことにしました。
メーカーは北陸舞台設備さん。


b0118287_16212226.jpg


吹抜け2階からの見上げです。
中央がバトンとバトンボックス。


b0118287_162235.jpg




3階からみたバトン(小さくて見づらいですが)。
お母さまが「さすがに贅沢じゃない?」と仰っていましたが、
これも毎日のこと。
業務用中華コンロと同様、予算調整時もこれだけは死守。

例えば、洗濯機と同じフロア(2階)に物干し用にバルコニーを設けるよりは、
よっぽど費用対効果が大きいのです。
by murakami-design | 2009-01-21 16:31 | 東十条の家(大人の2世帯)

炎の業務用中華コンロ~!:東十条

村上建築設計室です。

商店街に建つ、鉄骨造3階建ての住宅には、

業務用の中華コンロが入っています。2万キロカロリーです。

ご主人が元中華のプロでしたので、設計当初よりご希望でした。



b0118287_1134484.jpg




業務用コンロを住宅に導入する事例は、

結構増えてきて参考にする実例や資料なども多いのですよね。でも、

中華コンロとなると、ほとんどなくて情報収集からメーカーの選定まで苦労しました。



業務用を入れるだけならばいいのですが、家庭用コンロと併用すること、

また、手入れのことも考えてトップ(カウンター)を一体でつくりこみたかったのです。

何とか、オーダー対応をしていただけるメーカーを発見!!

業務用厨房機器のタニコーさん。

「できますよ」というお返事をいただいたときは本当に嬉しかったです。



b0118287_11132747.jpg



写真ではフタ(四角いカバー)がしてあり、通常は作業台として利用。

カバーをあけると、中華なべがはまる「オマンジュウ」が現れます。

落ち着いたら、是非プロの料理風景を写真に収めたいと思っています。



ちなみに、業務用コンロには換気扇も業務用の有圧換気扇が必要です。

換気量が多いので、給気口もたくさん必要になります。



思えば、この物件の実施設計期間は、鉄骨を初め建材の値上がりラッシュのとき。

予算調整も大変でしたが、中華コンロは死守してきました。よかった。
by murakami-design | 2009-01-15 11:16 | 東十条の家(大人の2世帯)

大人の家―おめでとうございます。:東十条

村上建築設計室です。

2009年も1週間が経ってしまいました。
今年はもう少しこまめに更新したいブログです。

昨年は年末最後に鉄骨3階建ての住宅の引渡しがありました。

残工事が残っておりますが、
施工会社さんが本当に頑張ってくれて、無事(!?)引越し。
改めて竣工写真を整理したいと思います。


b0118287_15405780.jpg



お施主さんは年末年始と引越し&片付けと大忙しだったようです。
これまで1人暮らしだった80代のお母さまと娘さんご夫婦の初同居生活。
まずは2世帯分の荷物の整理ですから大変ですよね。

お母さまは糸や毛糸などを扱うお店をしておられます。
仮住まいの間は休業していましたが、引越し後は再開します。
開店はもう少し先になりそうですが、引越しの最中、
「お店はいつからですか?」
とのお客さんの声があったそうです。
皆さん待っておられたのですね。
どうぞおたのしみに!
by murakami-design | 2009-01-07 15:41 | 東十条の家(大人の2世帯)

年末に向けて:東十条

村上建築設計室です。

今年もあとわずかになりました。

3F建て鉄骨住宅も終盤です。

b0118287_14541736.jpg


内装を残すのみです。ズバーっと駆け抜けていく年末になりそうです。

照明はまだ入ってなく、工事用の照明ですがとても暖かい雰囲気を出しています。

外から帰ってきて、明かりを見たときに安堵感が心に広がっていくでしょう。

b0118287_151829.jpg


こっちの画像ははニッチです。

ニッチとは簡単に言うと壁を凹ませて、小さい棚を設けたものです。

壁の面がさびしい時のアクセントとして、インテリアとして空間にリズムを与えてくれます。

完成が楽しみです。
by murakami-design | 2008-12-23 15:06 | 東十条の家(大人の2世帯)