村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小さな女の子のいるおうち・リフォーム

村上建築設計室です。

2歳の女の子のいるご家族のマンションリフォームです。
床面積約70㎡です。

先ずは、小さな、薄暗い、
閉じたキッチンのオープン化リフォーム。

お母さんの希望は、
小さなお子さんとお話をしながら、
料理をすることですが、
既存のキッチンは閉じていて、
家族でコミュニケーションをとることは、
なかなかできません。

b0118287_12152778.jpg

















閉じた壁を取り払い、
オープンにすることから始めます。

b0118287_12195635.jpg

















明るいリビングと一体にり、族とお話をしながら、
ご飯の支度をすることができます。

もう少し大きくなれば、
こどもに料理に見てもらいながら、
教えることができます。
そんなキッチンカウンターを。

キッチンのオープン化の例です。
by murakami-design | 2014-09-10 12:29 | 王子の家(子育てリフォーム)

赤ちゃんと小さな女の子の家 キッチンの場所

村上建築設計室です。

半年の赤ちゃんと3歳の女の子の可愛いすまい。
模型をつくって検討中です。

b0118287_1892131.jpg























(大きさが分かるように人模型を横にしています)


キッチン、ダイニング、リビング、
畳の間、中庭、そして、ガレージなどなど、
様々な場所が関係を持つようになります。

子ども達の動き、
周りにいる家族の行動、
多くの要因がからまりあい、
住まいがつくられていきます。

模型を眺めつつ、
イメージを膨らませて進んでいきます。


子育て住宅です。
by murakami-design | 2014-09-03 18:18 | 福島・北沢又の家(子育て家族)

ペインクリニック スタート

村上建築設計室です。

昨日から新規開業のペインクリニックに行ってきました。

受付にはお祝いのお花も届いており、
竣工の時とは違った雰囲気です。

b0118287_6223981.jpg

















受付を終え、診察室に入り、
院長先生と話をし、
処置に室に入り、ベッドに横になる。
処置を終え受付に戻る。

一連の動作を終えて、
私達の設計した空間に存在する壁、
造作家具などの要素、その存在状態、
それに影響されるアクティヴィティ
(そこで展開される人の行為)、
を深く深く感じ取ってみます。

今ある状態とはまた別の在り方があるのではないのではなかろうか?
細かな想像が頭に浮かんできます。
それをじっくりと感じ取ることが必要だと感じています。

肩こりの私は、患者として長くお付き合いすることになるので、
じっくりとじっくりと考えていきます。

クリニックのHPです


始まりはここから
by murakami-design | 2014-09-02 06:30 | クリニック・薬局