村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

階段美術館~家の中のいろいろな場所

村上建築設計室です。

夏休みが過ぎ、冬休みが終わり、
学校から帰ってきた子どもたちの作品がたくさん・・・

さてどうしたものか。
もう2年も前ですが、
階段室に展示したことを思いましました。
子どもたちは「階段美術館」と言って喜んでいました。

その手で行こう!


b0118287_11142082.jpg








b0118287_11143195.jpgb0118287_11144928.jpgb0118287_11145941.jpg
by murakami-design | 2015-01-16 11:16 | 我が家の子どもたち

家事と家族の生活―小さな女の子の家

村上建築設計室です。

4歳の女の子のいる3人家族のお住まいです。
ご夫婦は共働きで共に忙しく、
家事をしっかりと分担していらっしゃいます。

家事をする
 ~食事の準備、お洗濯物、お風呂の準備等々
子どもとの関わり
 ~お話、遊び、見守り、もう少しするとお勉強等々
それぞれの行為の場所をどうつくるか、
それぞれの場所をどうつなげていくか、
それぞれの場所の関係がどのように生まれてくるか。
深く深く、何度も何度も検討しています。

家族の団欒の時間と共に、
家事を通しながらも、
家族の関係が生まれる住まい。
家族それぞれの時間が生まれる住まい。

そして、子どもがいろいろな場所で、
自分の居場所を見つけらるる住まい。

そんな住宅を目指しています。

b0118287_20215181.jpg



















“家事と家族”、“子どもノマドの日常”はこちら。

ホームページはこちらです。
by murakami-design | 2015-01-10 20:30 | 福島・宮代の家(子育て家族)

図形の天才

b0118287_2018421.jpg

大人が挑戦してできなかった、
とても難しいパズル。
息子が完成。
家族みんなでビックリ。

学校の算数は「むずかし~」と言っているのですが、
「パズルに挑戦!」ということになると違うのですね。

その後も難問に挑戦し、
見事クリア。
子どもはすごいです。
by murakami-design | 2015-01-04 20:18 | 我が家の子どもたち

「お子さん二人+赤ちゃん誕生」ご家族のおうち 基本設計終了

村上建築設計室です。

「お子さん二人+もうすぐ赤ちゃん」ご家族、赤ちゃんが産まれました。
かわいいかわいい女の子です。
かわいい赤ちゃんも一緒に、
年末に基本設計最後の打ち合わせを終えました。


b0118287_14582350.jpg
















3人のお子さんの楽しい、元気な住まいです。
元気なお兄ちゃんのために
「VS嵐の壁」(ボルダリングのできる壁です)を設けています。

テレビを見て「やりたい!」となり、
せっかく住宅を作るのだから、
「家につくるか」とお父さん。

今はまだまだ小さい妹のモちゃんも、
すぐにしたくなるかな。

お父さんもお母さんもほがらかな方で、
とても素敵なご家族です。
by murakami-design | 2015-01-02 09:53 | 栗橋の家(子育て家族)

息子はノマド

村上建築設計室です。

冬休み真っ只中、
予定通りに宿題をやっていく息子。
当然、遊びたくてしようがないのですが、
やらねばならぬこと。

息子なりに頑張ってます。

b0118287_14321371.jpg





























その都度、場所を移動し宿題をこなしています。
写真は、子どもが2,3才の頃に私が作った子供家具。
はみ出しながらも、集中してやっています。

かと思えば、床に転がってやってみたり、
いろいろと気分転換しながら、工夫しながら、
集中しています。

子どもはすごい「ノマドワーカー」です。
とても柔らかい発想で、
常識に縛られることなく、
その時の自分にぴったりの場所を見つけ出します。

そうやって、自分の領域を作り出し、
それと同時に、ほかの人との距離の取り方を感じ取っているのだと思います。

住まいの中にそのきっかけを、
そっと作っていきたいと思っています。
それとなく子どもの心を刺激するような(アフォーダンス)、
何気ない場所が、子どもの目には「素敵」に映るような(セレンディピティ)、
そんな住宅を作っていきたいと思っています。

これは大人にも言えることで、
住まいが何かを語りかけてくれているような、
それをふとした時に感じるられるような、
そんな住宅。
私たちは、柔らかなアフォーダンスとセレンディピティのある住宅を作っていきたいと思っています。






こんなことをしていた息子ですが・・・
by murakami-design | 2015-01-01 10:27 | 子どもの住環境