村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

壁紙にしておけば

こどもが壁にたくさん絵を描きます。
仕上は白のペンキです。
大きなお絵かき帳です。
しかし、最近つくづく思うのです。
クロス貼りにすれば良かったと。
子供が大きくなったときに、
きれいに剥がして、
絵巻のようにしておきたかった。
いずれお嫁に行くときにはそれを渡してみたい。
b0118287_14155844.jpg

# by murakami-design | 2007-12-28 14:08 | 我が家の子どもたち

まいった~

b0118287_11595128.jpg


今年の風邪はとてもしつこいです。

我が家の風邪は子ども→妻→夫→子どもとバージョンアップしながら渡り歩き、

ようやく治まりました。風邪のキャッチボールですね。。

これからクリスマス・お正月と楽しいときに風邪に侵されませんように・・・

気をつけてね。
# by murakami-design | 2007-12-21 12:00 | 日々のこと

狭小・密集地の家―模型の制作

先週模型を作りました。


b0118287_13122668.jpg


3階建ての住宅です。

建築設計では、基本的に模型を作ります。

なんのためかといいますと、実際の家を試しに建てることができないためスケールを小さくして

実際に建つとどんな様子になるのかを確認しています。

もちろん、お施主さんにも見てもらいます。

平面図などのような2Dではなく、立体にして見てもらうことでより実感がわきやすくなると思

います。

同時に言葉やイラストなどを使ってお互いにイメージが共有できるようにしていきます。


模型の制作はとても楽しく、夢中になってできることのひとつです。

基本は作っては試し作っては試し、より良くしていきます。

建物は使う人にとって買い替えはできないものです。

そのため、何度も何度も確認を繰り返して、住み手にフィットするものを考えていきます。
# by murakami-design | 2007-11-12 13:28 | 東十条の家(大人の2世帯)

子ども社会のこと。


b0118287_1312936.jpg

先日「子育てと住まい」と題するシンポジウムがあり、

日経Kids+の尾島編集長もパネラーとして参加されていました。

シンポジウムでの話題にもあったのですが、現在店頭に並んでいる日経Kids+のタイトル。

「これが子ども社会に起きている問題だ!」

詳細を読むと、思わずため息。複雑な心境に陥ります。

「まさか」と思うことがまさかでない子ども社会。

b0118287_1315739.jpg


この中の記事にもありますが、子どもの遊び場が減っているという状況。

「ボール遊びしたら110番!」「大声禁止」という看板がある公園があるという。

はぁ??と思うけれど、本当の話なのですね。

確かに、うちの近くの公園の看板にも「ボール遊び禁止」が謳われています。

これらの看板の発端は近隣からのクレームの結果なのだとか。

直接注意するのではなく、看板で解決しようとしているのですね。


しかし、そんなに上手くいくものではない。対話が無いのですから、むしろ悪循環な気がします。

地域の大人と子どもの関係が、いかに味気ないものになっているかがよくわかります。

さて、家づくりではどうでしょう。

公園と隣人との関係は、子どものいる家庭と隣人との関係にも当てはまる気がします。

子どもがいれば、大声を出したり、泣いたり、笑ったり。そんなの当たり前です。

ただ、それが世間の「当たり前」とおごってはいけません。近隣の人の許容という立場があってこそです。

近隣の人が許容できるかどうか、それは日ごろのコミュニケーションの如何によるものだと思います。

知らない人の騒音は我慢できないけど、知っている人ならそんなに気にならない、ということもあるでしょう。

子どもを囲い込んで「静かに!」というよりも、家をちょっとだけでも街に開いて、

隣人に家族の気配を感じてもらったり、一緒に挨拶して子どもの近況など話したりする方が早道ではないでしょうか。
# by murakami-design | 2007-11-01 13:02 | 子どもの住環境

マンションプラン:荒川

リフォームのプランを作成させてもらいました。

b0118287_1025342.jpg


イメージ図としてこんなのをつくりました。

コンセプト

を奥へ

の通り道を作る

回遊性を持つことによる楽しさ

です。

表現できているでしょうか?
# by murakami-design | 2007-10-25 10:08 | リフォーム

求む!トイレにもチャイルドロック

b0118287_14183288.jpg


久しぶりなのに、いきなりこんな写真ですが・・・。

子どもが座れるようになると、外出先のトイレがずい分ラクになります。

備え付けのベビーチェア、思わず「ウチにも欲しい」と思うくらい。

スーパーマーケットなど、親子連れが想定されるトイレにはだいたいついていますね。

逆に、区役所など「子育て支援課」などがあるわりに、トイレでは支援が無かったり。

数年前は、授乳室さえありませんでしたが、今はどうでしょ??

さて、もうひとつ、パブリックトイレにこんな機能があればいいのに・・・と思うこと。

それは、トイレドアのチャイルドロックです。

子どもも歩けるようになると、ベビーチェアに座らせておくことはできず、

かといって、表で待たせるわけも行かず、

多くのお母さんは一緒にブースに入らせると思うのですね。

で、鍵を開けようとする子どもと  「まだ、あけちゃダメよ~っ」  

と、ドキドキハラハラの駆け引きが始まります。

トイレの列に並んでいると、他の親子もおなじようなやりとりをしているのだから、

チャイルドロックがあれば、安心してトイレが使用できるお母さんは結構いるはず。

別に凝った機能は必要ありません。

子どもが届かない高い位置に、もうひとつ鍵をつけてくれるだけで充分ですので・・・。

ウチでパブリックトイレを設計する機会があったら絶対つけようと思います。。
# by murakami-design | 2007-10-23 14:31 | 子どもの住環境

できました!:赤羽

b0118287_16211782.jpg


赤羽の子育て世代の家が、ほぼできました!
(ほぼ・・・まだ残工事があるのですが)

今月に入って急ピッチで仕上げ工事が展開され、

日に日に現場の様子が変わっていきました。

施主検査の日、お施主さんも一週間ぶりの現場の変貌ぶりに驚いたご様子。

本当に怒涛の9月でした。

日時が前後してしまいますが、これから工事を振り返ってご紹介していきますね。

今日の写真は、足場が取れて外観が街に現れたところ。

全体を塗りで仕上げています。

塗り壁といえば、クラック(細かく走るひび割れ)が悩みの種ですが、

クラックをつくらない技術も開発されており、

今回もその技術をつかっています。
# by murakami-design | 2007-09-27 16:31 | 赤羽の家(子育て家族)

葛西臨海公園レストハウス

b0118287_1282141.jpg


先日の日曜日ですが、子どもと葛西臨海公園へ行ってきました。

最近のお天気はぐずついていますが、日曜日は快晴!

谷口さんのレストハウスが、空に溶け込んでいます。

海辺では凧が空高く上がっていました。
# by murakami-design | 2007-09-13 12:12 | 建築の話

リフォームスタート!:宇都宮

リフォームの仕事が始まりました。

こんな雰囲気です。

b0118287_15221439.jpg


今現在のコンセプトとしては、家族同士が気配を感じられる空間作りを目指しています。

別々のことをしているけども、なんとなくみんなが何をしているのか。

どこにいるのかが分かる。

例えば、日が傾きかけた頃に聞こえる料理の音。

子どもが遊んでいる音や声。

居眠りをする父親。

走り回る犬。

そんなちょっとしたシーンが思い出として残っていく。

ささやかな幸せがず~っと続いていくようなプランを考えています。
# by murakami-design | 2007-09-11 15:52 | リフォーム

輪郭が見えてきました:赤羽

北区の住宅ももうすぐ完成です。
2階には構造材の梁を見せ、
そこをロフトが横切って走って行きます。
b0118287_2326534.jpg


階段を上がったところには、
机が置かれ、家族みんなの場所が出来上がります。
 (写真ではよく分からないですね。
  完成したら、お見せします)
初めはお父さんとお母さんの場所ですね。
子供が大きくなったらみんなで、
ここでお勉強でも。
b0118287_23293638.jpg

# by murakami-design | 2007-09-06 11:40 | 赤羽の家(子育て家族)