村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

子ども家事塾プレセミナーを開催しました。

村上建築設計室です。

昨日は、宇都宮市南図書館にて、
春からの「子ども家事塾@宇都宮」のプレセミナーを実施しました!
来ていただいた皆さま、どうもありがとうございました。

ところで、建築士の私が、親子のためのお手伝い塾に関わっているいるわけですが、
そのわけは何か?をはじめに自己紹介させていただきました。

住宅設計において、昨今は「片づけ」だったり「家事ラク」というキーワードが盛んで、
ママ目線の機能的な住宅が売りにされています。

私たちも、設計の際には暮らしを気持ちよくまわしていく重点課題として、
念入りに計画を立てるわけですが、いくら収納を充実させ、動線を整理し、機能的な設備を導入しても、
それを使う人がお母さんだけだった場合には、「家事ラク♡」とは、呼べないと思ったこと。

それが、家事塾で学ぶきっかけにもなり、親子お手伝い塾をやってみよう、
と思うきっかけにもなったのでした。家族総出のマンパワーこそがなによりも家事ラクです。

というわけで、家づくりをやっている私が、暮らしづくりとしてのお手伝い塾をすること。
それは、とっても自然なことなのでした。


b0118287_13495596.jpg



さてさて。
昨日は「お手伝い」のお話に入る前に、ご参加の皆さんには
家事塾のカードゲーム「家を出る日のために」の質問カードを選んでもらい、
答えてもらいながらの自己紹介をしていただきました。


b0118287_13143217.jpg




「親に守られていると感じたエピソードをみんなに伝えて」

「どんな大人になりたいのかみんなにエピソードで伝えて」

「あなたの親が「子育てが終わった」と思うのはどんなときかみんなに伝えて」

「あなたが死について考えたエピソードをみんなに伝えて」

「「自分はまだ子どもだ」と思ったエピソードをみんなに伝えて」

「「これが貧乏ということだ」と学んだエピソードをみんなに伝えて」

などなど。
当日のムチャぶり!にも、みなさん答えていただいてありがとうございました^^

若かりし頃のお母様とのエピソードや、
子どもを産んでからの自分の人生への気持ちの変化や、
お子さんへ、また、ご両親への思いの変化、
お子さんに対して大人の都合を押し付けてしまうことへのお悩み、
などなど。

その中にも、私達が「お手伝い塾」へ込める思いと同じ思いが
皆さんの言葉にもありました。

やはり親心というものはいつまでも「子ども」を心配し、見守ってくれる、
そんなありがたいことにも、あらためて気づきます。

私たち家事塾は、子育てのゴールを「子どもが家を出る日」としています。
どのタイミングになるかはそれぞれですが、
家を出る日その日に向けて、生きていく力として身につけてほしいことはどんな力だろう?
ということをお話しました。


b0118287_1315371.jpg



・自立のことを自分でする力(自立する力)
・身体をつかう力(生物的な力)
・人の役に立つ力(社会で生きる力)

これらの力を、お手伝いは自然と育ててくれるのですが、
家庭の中で、家族のことも考えて行動でき、役に立つことのできる人は、
きっと社会のなかでも役にたつことができるはずです。

そして、家庭の中で助け合うことは、
自分が困ったとき時には、「ちょっと手伝ってほしい」と人を頼り、
困っている人には「手伝おうか?」と声をかけられる人になるのではないでしょうか。

なにより、家事を家族みんなでやることで、
「家族が笑顔になる」ことが、このうえないお手伝い効果です。


ただし。
お手伝いを「やらせる」ことにフォーカスしてしまうと、うまくいきません。
何事でもそうですね。


最初は、
   お手伝いって結構楽しいな!
   やったら喜んでくれたから私もうれしいな!


そんな気持ちからスタートできるといいですね。
その先には、家族のなかの役割としてお手伝いに取り組めるといい。

   自分がやらないと家族が困るな。
   今日はちょっと面倒くさいけど、がんばってみよう。


そんな気持ちとも葛藤して(笑)、

   ついでにこれもやっておこう。
   今日のお母さんは具合が悪そうだから、手伝ってあげよう。


そんな気遣いができる子になったら、もう素晴らしい!
きっと、社会でモテモテの大人になるんじゃないかな。


でもね。
言うのは簡単、そんなサクセスストーリー、あるかいな。
そんな素直な子どもだったら苦労しませんて ヾ(・ε・。)

と、思わず突っ込みたくもなりますね(笑) 
だって、忙しい毎日、子どもにお手伝いをさせるのって、親にとっては忍耐だもの。

時間はかかるし、ハラハラするし、イライラする(こともある)し、
後片付けが倍に増える(こともある)し。
子ども自身も忙しくなったり、思春期に差し掛かってくると、
「え~めんどくさ~い」「うざいんだけどー」ってなる(こともある)し。

それでもね。
イライラしながらも、何回も何十回も注意したりできるのも親心なんですよね。
これが会社だったら、最初の1、2回で「使えない新人」なんて言われてしまうこともある。


だからこそ。
家庭でもっとスムーズにお手伝いにいざなえるようなきっかけづくりをして、
家庭での親と子どものお手伝いとを応援したいと思うのです。
それが、とちぎけんでも「子ども家事塾」を実施する原動力です。

春からの子ども家事塾、どうぞ引き続きみなさまの応援もよろしくお願いします!



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2016-02-01 13:52 | 子ども家事塾

子ども家事塾@宇都宮「子どもを伸ばすお手伝い」

村上建築設計室です。

今日は、私(村上有紀)が参加する家事塾でのイベントのお知らせです。

b0118287_108412.png



これまで全国各地で開催されてきた家事塾による「お手伝い塾」を2016年度は宇都宮でも開催します。
まずは、「お手伝い塾って何?」という大人の皆さんに、家事塾の考える「子どもを伸ばすお手伝い」について、また、お手伝い塾の内容について知っていただくプレセミナーを開催します。
来年度のプログラムについての説明会を兼ねております。ご興味のある方は、お気軽にご参加ください!

【日 時】2016年1月31日(日) 10:00~11:30

【場 所】宇都宮市立南図書館 会議室
     〒321-0121 栃木県宇都宮市雀宮町56−1
     JR雀宮駅 東口 徒歩5分

【参加費】無料

【定 員】20名(事前にお申込みください)

【内 容】「子どもを伸ばすお手伝い」
     ・お手伝いにはいいことがたくさん!
     ・家族みんなで家のコト!
     ・お手伝い塾ってなにするの?

【申込先】 メールにてogawa@murakami-design.comまで。
       担当:村上有紀(1級家事セラピスト)
      
       ・お名前
       ・参加人数
       ・メールアドレス をお知らせください。

※ プレセミナーは大人の方向けの内容です。お子さんもご一緒に参加いただけますが、
託児のサービスはございません。予めご了承くださいませ。

家事塾についてはHPもご覧くださいね!
http://kajijuku.com/



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2016-01-14 10:08 | イベント

子どもの育ちを見守る家10 竣工~2

村上建築設計室です。

2階からは階段を通して中2階、1階のキッチンがつながっています。
お父さんお母さんの姿、子どもたちの姿が見えます。

b0118287_12371853.jpg

b0118287_12375290.jpg






































階段を上がったところからは自分の部屋、小さな遊び場、
吹抜、家族のクローゼット、そして大きな窓、
つながっていく空間がが目の前に広がります。

b0118287_12471960.jpg


b0118287_12522515.jpg




















































住宅の中にあるそれぞれの空間の持つスケール(平面の大きさ・高さ)を
その関係を熟慮し横に縦につなぎ合わせていきます。
そこにできる立体のつながり方=直結、ズレ、間などを
その家族の生活が気持ちよくはまり込むように調整し、
全体をつくり上げていきます。

家族それぞれが感じる、
お互いの気配を消さないように、
「みんなで一緒にいること」「ひとりでいること」の間の感じ方ができる
そんな場所が出来上がるようにしています。

村上建築設計室のホームページはこちら
# by murakami-design | 2016-01-01 08:00 | 福島・北沢又の家(子育て家族)

子どもの育ちを見守る家10 竣工。~1

村上建築設計室です。

子どもの育ちを見守る家10 福島・北又沢の家が竣工しました。

b0118287_1205361.jpg



































キッチン、タダイニング、リビング、畳コーナーがつながり、
伸びやかな空間となっています。

キッチンが中心となり
すべてを見渡すことができます。
小さなお子さん(4歳・2歳の女の子)を持つご両親には大切なこと。
中2階にも目が届きます。

b0118287_1254465.jpg


































子どもたちがどこにいても気配を感じることができます。
キッチンに立つお母さんは子どもの様子を感じながらご飯の準備。
中2階いる子どもたちはお母さんの気配を感じ楽しく遊びます。

b0118287_1294348.jpg



















中2階には本の部屋があり、
家族からほんの少し離れた場所で本に集中します。

子どもたちはその日の気持ちで、
その時々の気分で自分の居場所を選んでいきます。
少しずつ、少しずつ親との距離を自分で感じ取っていきます。

姿は見えなくても気配を感じることができる、
それがとても重要なことだと思おいます。
ひとりでいることのワクワク感と
「一緒にいるんだ」という安心感。
それがとても大切だと思っています。


村上建築設計室のホームページはこちら
# by murakami-design | 2015-12-27 12:17 | 福島・北沢又の家(子育て家族)

吹き抜けからの明かり~子どもの育ちを見守る家9

村上建築設計室です。

子どもの育ちをも守る家11-福島・宮代の家です。

工事が進み内部の間仕切りが見えてきました。

この住宅の北側には畳の間があります。
リビングと連続した場所になっていて、
障子によって一室で使ったり、
リビングと一緒に使ったりすることのできる場所です。

b0118287_9144781.jpg

















家族の団欒の場所であると同時に、
一人で「ホッ」としたいときの場所でもあります。
障子を閉め他の空間から独立し、
明るさに包まれ空を感じ、
一人の時間が流れていきます。

また脱衣所とつながることによって、
お風呂上がりの身支度を余裕を持って行うことができます。




b0118287_9202489.jpg

















共働きで忙しい御夫婦。
毎日の家事で大変なのが洗濯です。
小さいお子さんは毎日保育園からたくさんの洗い物を持ってきてくれます。

洗濯物はご主人の仕事。
朝早く家を出て、夜遅く戻る御夫婦、基本は室内干しになります。

洗濯が終わったら、近くの階段で二階へ。
そして、大きな窓のあるインナーバルコニーに干します。

インナーバルコニーの吹き抜けからの太陽の光によって、
1階の畳の間も光に満たされます。
北側の部屋に明るさをもたらし、
冬の暖かさも連れてきてくれます。

洗濯物のを取り込んだら、
バルコニーの手すりにある作業テーブルでたたみ、
隣の家族のクローゼットへしまいます。
とにかく家事を短時間で終わらせ、ゆっくりとした時間を。

b0118287_9275634.jpg





















ホームページはこちら
# by murakami-design | 2015-12-23 09:32 | 福島・宮代の家(子育て家族)

「ぐりとぐら」のような、カフェ暮らし@栗橋

村上建築設計室です。

埼玉・栗橋の、子どもの育ちを見守る家がもうすぐお引き渡しです。


b0118287_1572880.jpg


こちらも仲間が集って愉しむ、カフェのようなお住まいとなりました。


b0118287_1574163.jpg


中庭は、よちよちのチビちゃんの遊び場でもあり、お洗濯などの家事の場でもあります。


b0118287_1583051.jpg


最後の打ち合わせにて。
お子さんのおもちゃスペースを気に入ってくれたみたいでうれしい(^^)

今回は、工事完了とお引き渡しまでがギリギリとなってしまい、
写真撮影とオープンハウスができませんでしたが、後日、外構も落ち着いたタイミングで、
あらためて竣工写真を撮らせていただく予定です。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2015-12-14 15:15 | 栗橋の家(子育て家族)

素材を知ったら、使いたくなる!

村上建築設計室です。

先日は、家づくり学校の「左官」の授業に参加してきました。
前半は、泉幸甫先生が設計された住宅の見学から。

ふんだんに左官(しかも土壁!)の技術が使われた住宅を見学させていただきました。
個人住宅のため写真は控えましたので、五感をフルに使って、
左官で仕上げられた空間を、身体に焼きつけてきました(笑)。

左官の肌あいから生まれる細かい陰影が、
空間に柔らかさと静謐さをもたらしているようでした。うっとり。


後半は、素晴らしい左官技術を持つイケメン職人さんを講師に迎え、
30㎝角のパネルに左官材を塗っていくワークショップ体験です。

b0118287_1331321.jpg


セメントに顔料を加え、骨材やアクセントになるワラや砂利、鹿沼土などを入れて、
しっかりと混ぜ、コテで押さえて面材に整えます。


今回は、「リシンかき落とし」という外壁に使われることが多い、左官材と技法です。
途中まで水分が渇いたところで、ブラシや剣山で表面を掻き落としていきます。



b0118287_1332110.jpg



掻き落とすうちに、アクセントのワラや土が見えてくるので、
土の中から化石を探すようなワクワク感がありました(笑)
材料の調合から自分で選んで、十人十色の仕上がりとなり、
並べてみると、パッチワークのようでとてもカワイイ。

b0118287_13382888.jpg


私の成果品は、一番手前の左から2番目のものです。
グレーのセメントベースに、黄色の顔料を混ぜています。
3㎜の骨材に、トッピングには藁と鹿沼土を少し。

当日は、思っていた色よりも濃くて、グレーのセメント色が強るのだなぁ・・
と思っていたのですが、数日経って乾いてくると、こんな感じ↓↓の仕上がりに。

b0118287_1342619.jpg


あぁ~、とってもいい感じ、いい感じ!
思っていたような色になってきました~。
調合した時に頭に思い浮かんだお皿とならべると、おぉ!イメージに近い近い。

b0118287_13451884.jpg


肌合いもいいなぁ~、うちの子やるじゃない~と、
完全に親バカ的な愛着が出てきました^^;


今回お世話になった富沢建材さんは、左官業界での聖地のような会社さんなのだとか。
ショールームスペースではたくさんの左官材サンプルを比較できたり、
ワークショップを開いたりして、お施主さんにも左官の良さをPRしていらっしゃいます。

材料を知ることは、お施主さんにとっても、住まいと長くお付き合いしていくうえで大切なことです。
メンテナンス上のメリットやデメリットという、機能的なこともそうですが、
なにより、自分の価値観に合うもの、好きなものを使うことでの愛着が、
住まいの寿命を確実に伸ばしてくれると思います。


やっぱり、知ると使いたくなってきますね(笑)。
お仕事、がんばろう!


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2015-12-02 13:59 | 家づくり学校

家が遊具のようになっていました!

村上建築設計室です。

先日の連休に、中原の家の取材があり、私もお伺いしてきました。

森のように構造用の柱が現しであり、ジャングルジムのイメージで
子どものロフトスペースを設けたお宅です。

男の子2人(小2さん、年長さん)は、私達の設計時の意図以上に、
柱と梁と階段を遊び倒してくれていました(笑)。
まるで、森であそぶ子リスのよう。

写真は、カメラマンさんの要望にこたえて、ぶらさがりポーズを決めているところ(笑)。
どんな誌面になるのか、とても楽しみです。

b0118287_1625683.jpg


ちなみに、ここのご主人は「冬でも半袖」なパパなのですが、
ライターさんに 「1月発売なので、長そでにしていただいていいですか?」
と、リクエストされていました(笑)。

もう、師走がそこまで、ですね。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2015-11-26 16:29 | 川崎・中原の家(子育て家族)

音読への(要らぬ)情熱。

村上建築設計室です。

いまさらやめられない、わが家の習慣です。

子どもの宿題の音読へのサインが、絵しりとりです。

b0118287_1672668.jpg



親が聞くと、惰性で全部◎にしてしまうけど、
音読を忘れて、たまに学校で友達に聞いてもらうと(↓写真中央)、
シビアな評価をしてくれます。

b0118287_1674245.jpg


だんだんネタも尽きてくると、仕事の手を止め、
ネットで検索して、描いている自分(笑)。
(ハットリくんとか、ジャイ子とか。)

いいリフレッシュタイムです。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2015-11-26 16:13 | 我が家の子どもたち

連絡帳への情熱。

村上建築設計室です。

息子の連絡帳に、先生からの絵手紙。


b0118287_16102599.jpg


なので、私も絵手紙で返信しました^^。
b0118287_1691462.jpg


「今日はムリっす」といいつつ、がんばる先生に、感謝。
b0118287_1692424.jpg




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
# by murakami-design | 2015-11-18 16:13 | 我が家の子どもたち