村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

アプローチ=路地-3

村上建築設計室です。

アプローチの連続性を

締めくくるのはポーチということになります。

そのポーチでも選択性を持たせます。



建物に入っていくか、

連続する庭に進んで行くか、

気持ちが豊かになる場所です。


b0118287_04362244.jpg
































その日の気分で、

ポーチへ進み家の中に入っていくか、

庭へ回り、庭を感じるか。


アプローチはただ単に、「外」と「内」をつなげるだけでなく、

設計によって、

様々なシーンを感じることができ、

そこに連続性を感じ、

選択性を持ち、じっくりと楽しむ場所となります。


「狭小」の敷地に建てる場合は、

アプローチをとることが難しい時が、

多々あります。

しかし、ほんのちょっとしたものでも、

とるようにしています。

「外」から「内」の間に、

場所をつくりたいと思っています。





b0118287_04433453.jpg

































b0118287_04434084.jpg

































写真は、我が家のささやかなアプローチです。

ここでは、建物の前から続く道路からの

連続性を持たせました。

それにより実際のアプローチよりも

奥行き感を感じることができます。


その道路との間に=アプローチの端部のは、

木の手すりを設け、そのことによって、

さらに奥行き感を高めています。



「ただいま」のときには、

その木の手すりによって、

進行方向を変えることで、

気分を変えることができ、

短いながらも、

内部的外部であるアプローチに

進むことができます。


アプローチは「外」と「内」をつなげる、

とても大切な場所です。

これからも、様々な工夫を

していきたいと思っています。


ホームページはこちらです。

by murakami-design | 2018-10-02 04:55 | 計画案