村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:子ども家事塾( 5 )

家づくりは暮らしづくり

村上建築設計室です。

昨日は、東京の下町・谷中の町家をお借りしての子ども家事塾でした。

テーマは、親子で片づけ。講師は家事塾の辰巳先生、私はスタッフとして。


日頃の子どもスペース(机の周りなど)の写真を撮ってきてもらい、

お困りのことなどを発表してもらうと、

頷きながら笑いながら「そだよねー!」とお互いあるある話。

2時間では「はじめの一歩」の講座ですが、

「定位置のつくりかた」など、じっくり講座のリクエストもいただきました。

こういう講座が家庭での実践のカンフル剤になるといいなと思います(´∀`)



そうそう、会場の空窯さんは、昔ながらの日本家屋。

まさに自然とともにあります。2月開催時は寒さ厳しく、

「次回の4月はとても気持ち良く、風通しの良い空間を堪能できますよ」

とご案内していましたが、まさかの真夏日(笑)。

扇風機出動でした。

でも、暑いけど、建具を開け放って打ち水した路地から上がってくる涼やかな風は、

とっても気持ちよかった!

b0118287_13302160.png




写真は、机の引き出し(に見立てたボックス)、文房具を使って

グループで「使う・使わない」を考えたり、

使いやすい量や位置を考えているところ。

グループでやると、友達同士でもモノに対する価値観や

分け方、使いやすさの基準が違うことがわかります。

だから、人任せではなく、

自分自身のあたまで考えながら試行錯誤することが必要です。

これは、家づくりのプロセスも一緒ですね。

自分自身がどうしたら使いやすいのか、

どのくらいのものや場所が必要なのか、自分でも考えることで、

自分の暮らしの器ができてきます。

家づくりは、暮らしをつくること。

つくづく、そう思います。


*********

家づくり相談・暮らしづくり相談

イエノコト・カフェ

「私らしく家事をデザインする!」


  毎月 第2土曜日 (要予約)

@東京 8坪の自宅兼事務所

@宇都宮 場所はご相談の上決めます


家づくりのスタートに、わが家の家事について考えてみませんか。

家事=いえのコト。

単に家事のしかた、ありかたを考えるだけでなく、

何を大切に、どう暮らしていくかを考えることです。

・片づけ編

・家事動線編

・キッチン編

・子どもの暮らし編

お気軽にお問い合わせくださいね。

[問合せ・予約はメールどうぞ]

info@murakami-design.com

***********


by murakami-design | 2018-04-23 13:37 | 子ども家事塾

子どもの育ちを待つということ。子ども家事塾@高根沢にて

村上建築設計室です。


昨日は、栃木・高根沢にて子ども家事塾でした!
数日前から雨模様の予報で心配していましたが、薄曇りの穏やかな日となりました。
今回は11組の親子のみなさんが参加してくれました。

他の会場のお手伝い塾より、少し小さな子が多く、4歳~7歳の子ども達です。
我が子より小さい年齢層。まずその存在がかわいい♡

b0118287_17124099.jpg


会場の陽だまり保育園は、古民家を移築し、子どもの保育の場として活用しています。
先生方の保育理念が空間になったような、本当に素敵な場をお借りすることができました。
さくらが子ども達を祝福していますね^^。

b0118287_17131875.jpg


始まる前から、子どもたちは空間を堪能しています。裸足の足が気持ちよさそう!

b0118287_17142530.jpg


さて、お手伝い塾では、前半は親グループと子どもグループに分かれて、
「お手伝いって何だろう」というワークをします。
子どもたちは、「お手伝いのいいところ」「お手伝いのいやなところ」をだし、
大人たちは、「家事のいいところ」「家事のいやなところ」を吐き出します(笑)。


b0118287_171612.jpg


子どもたちは、いいところの方がたくさん出てきます。
「きれいになるとうれしい」「ありがとうといってくれる」「おかあさんの役に立てる」など、
なんとも健気なんですよね。

b0118287_17151545.jpg


もちろん、嫌なところも。
「片づけがつまんない」「めんどうくさい」「一人でお風呂掃除をするのはいやだ」
あぁ。これって私もおんなじ^^。

大人グループは、嫌なところがどんどん出てきます。あるある~とうなずきながら。

b0118287_19151914.jpg


でも、改めて考えてみると、いいところもある。
「スッキリする」「一緒にすると楽しい」「達成感」「自分の時間で活用できる」など。
そして「きれいだね」とか「いつもありがとう」と言ってもらえるとうれしい。という意見も。

「いいところ」と「いやなところ」は、裏表だったりもします。
一人ぼっちでやる家事は嫌だけど、一緒にやるとたのしい。
評価されないと嫌だけど、「ありがとう」と言う言葉でやる気がアップする。

大人も子どもも同じような気持ちなのだな。
そんなことに気づくだけでも、子どもへの声掛けも違ってくるのではと思います。


後半は、実際に体を使ってはたき・ほうき・ぞうきんの体験です。



はたきは、子どもたちだけでなく大人たちも初めて使う方もいました。
手首をうごかして、パタパタと心地よい音がでると、ほこりも風に舞って落ちてきます。

和の空間こそ、はたきの使い心地の良さが感じられます。
障子の組子や長押、梁のでっぱりにたまったほこり。ハンディモップでやると大変でしょ?
でもはたきは空気を勢いよく動かしてほこりをとるので、
モップよりも簡単に豪快にほこりを落とせるんです。(汚れを取る原理が違うんですね)


b0118287_17435866.jpg


はたきでほこりを落としたら、ほうきで掃いて、ゴミをとります。
座敷箒でも、子どもたちには大きな道具ですね^^。
一生懸命に道具を扱います。

ご家庭では、小ぶりなものをご用意されるといいと思います。

b0118287_1747015.jpg


そして最後は、ぞうきんがけ。
この姿勢でのぞうきんがけは、実はなかなか難しいんですよ。
水拭きだと力も必要なので、力の入れ具合にもコツが必要。
大人にもやってもらいましたが、息が上がる運動量です。

b0118287_19351629.jpg


身体を動かしてみると、表情もスッキリとしてきたような^^。
そして、保育園のホールもピカピカの気持ちよさです。


事前にお伺いした親御さんのおてつだいでの困りごとは

「時間、余裕がとれないこと」
「自主的にやってくれれば・・・」

というのが多かったのですが、いきなりできるようになる魔法のやり方はありません。
また、ご家庭の事情もそれぞれです。

どんな時なら心の余裕をもってお手伝いを見守ってあげられるか。
どんなお手伝いなら子どもが楽しくできそうか、続けられそうか。
トライ&エラーしながら、実践してもらえればいなと思います。

ただ、この言葉は魔法かも。
心からの 「ありがとう!」

大人でもその一言で「やってよかった!」と思えるのですから。

今回のお手伝い塾は、子どもたちにも私達運営にもはじめの一歩でした。
これからすこしずつお互いにバージョンアップしていきたいな。そんな気持ちでいっぱいです。

また、たくさんの大人の見守りがあるなかで、
子ども達が自分の気持ちを安心して表現できたり、
どんどんチャレンジしたり、失敗したりして過ごせる場ができたら、いいね。

大人が先回りしないで、やりたいというタイミングやできるまでの粘りを
待てるような時間になるといいね。

そんなことを、スタッフと陽だまり保育園の先生とも話して会場を後にしました。

ご参加いただいた皆さまと魅力的な会場には本当に助けていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2016-04-04 20:04 | 子ども家事塾

子ども家事塾のご紹介

村上建築設計室です。

昨日は栃木・高根沢での子ども家事塾でしたが、
それに先立ちまして、毎日新聞の栃木版でご紹介いただきました。

子ども家事塾、お手伝い塾にご興味を持っていただいたライターさんは
いろいろと質問してくださって、私もついつい友達のように話し込んでしまいました。

いやいや友達なんて言ったら失礼!まだ20代半ばの素敵な女性でした^^。
子どものことについてご興味を持ってくれるのは、とてもうれしいですね。

毎日新聞 栃木版 2016年4月1日
http://mainichi.jp/articles/20160401/ddl/k09/100/141000c










にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2016-04-04 17:05 | 子ども家事塾

陽だまり保育園の卒園式

村上建築設計室です。

このシーズン、Facebookでは卒業式や卒園式の話題が多く、
私も拝見しては、我が子のそのころを思い出してじーんとしています(笑)
日本での「春」は、春の芽吹きとともに子どものの成長を感じる季節なのだなぁ・・・
とつくづく思いますね^^。

さて、先日は、縁あってある保育園の卒園式に参加してきました。
来月開催の「子ども家事塾@とちぎけん」の会場となる「陽だまり保育園」です。

こちらの保育園、とても素晴らしい保育理念があり、
その場にふさわしい環境がつくられています。

何度か保育時間にお邪魔させていただきましたが、
日々の保育でも、全職員の皆さんがぶれずに、
子ども達の保育にあたっている様子が伝わってくるので、
つくづく「娘・息子にも体験させたかった~」と思うくらいです。


その保育園の「生活発表会&卒園式」を拝見させていただいたのでした。

もぅ、ウミガメのごとく、涙がじわじわと流れ出る(笑)

まず、卒園式に先立って朝から全園児が参加する「生活発表会」があり、
そこでは、和太鼓やお囃子にあわせて、それぞれのクラスが
1年間で育った力を300%くらい発揮して、胸をはって演技します。

和太鼓やお囃子に合わせた踊りなど、身体一杯と感性をいっぱいに使った演技は、
日々の保育の延長にあり、本当に子ども達の日常の頑張りがよくわかるものでした。

子どもの真剣な表情の演技に、もう涙腺アウト。全員のリズムがそろって迫力満点。
b0118287_1855236.jpg



続く獅子舞の演技は、卒園児への祝福でもありましょう。
b0118287_186878.jpg



荒馬踊りという青森地方の民族踊り。
太鼓に合わせて「ラッセーラー」の掛け声と軽快な足音が響きます。
b0118287_1862310.jpg



こんな高い竹馬初めて見た!
ここの子どもたちの身体能力のチャレンジ精神、向上心には脱帽です。
b0118287_1863648.jpg



作品展もあり。自分たちで染めた藍染での製作もあり、
地域の生物資産、文化の継承なども保育に取り入れているのだと思います。
b0118287_1865245.jpg



卒園式の前にこの全園児による生活発表会があることで、
その後の卒園式も、卒園児の親だけでなく、全園児の保護者も一緒にお祝いができます。
そのあたたかい、卒園式は、大人の眼差しが太陽となる「陽だまり」がそこにあるようでした。

子ども達の未来がまぶしく見えた一日、
陽だまりの子どもたちと関わる全てのみなさん、どうもありがとうございました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2016-03-21 18:24 | 子ども家事塾

子ども家事塾プレセミナーを開催しました。

村上建築設計室です。

昨日は、宇都宮市南図書館にて、
春からの「子ども家事塾@宇都宮」のプレセミナーを実施しました!
来ていただいた皆さま、どうもありがとうございました。

ところで、建築士の私が、親子のためのお手伝い塾に関わっているいるわけですが、
そのわけは何か?をはじめに自己紹介させていただきました。

住宅設計において、昨今は「片づけ」だったり「家事ラク」というキーワードが盛んで、
ママ目線の機能的な住宅が売りにされています。

私たちも、設計の際には暮らしを気持ちよくまわしていく重点課題として、
念入りに計画を立てるわけですが、いくら収納を充実させ、動線を整理し、機能的な設備を導入しても、
それを使う人がお母さんだけだった場合には、「家事ラク♡」とは、呼べないと思ったこと。

それが、家事塾で学ぶきっかけにもなり、親子お手伝い塾をやってみよう、
と思うきっかけにもなったのでした。家族総出のマンパワーこそがなによりも家事ラクです。

というわけで、家づくりをやっている私が、暮らしづくりとしてのお手伝い塾をすること。
それは、とっても自然なことなのでした。


b0118287_13495596.jpg



さてさて。
昨日は「お手伝い」のお話に入る前に、ご参加の皆さんには
家事塾のカードゲーム「家を出る日のために」の質問カードを選んでもらい、
答えてもらいながらの自己紹介をしていただきました。


b0118287_13143217.jpg




「親に守られていると感じたエピソードをみんなに伝えて」

「どんな大人になりたいのかみんなにエピソードで伝えて」

「あなたの親が「子育てが終わった」と思うのはどんなときかみんなに伝えて」

「あなたが死について考えたエピソードをみんなに伝えて」

「「自分はまだ子どもだ」と思ったエピソードをみんなに伝えて」

「「これが貧乏ということだ」と学んだエピソードをみんなに伝えて」

などなど。
当日のムチャぶり!にも、みなさん答えていただいてありがとうございました^^

若かりし頃のお母様とのエピソードや、
子どもを産んでからの自分の人生への気持ちの変化や、
お子さんへ、また、ご両親への思いの変化、
お子さんに対して大人の都合を押し付けてしまうことへのお悩み、
などなど。

その中にも、私達が「お手伝い塾」へ込める思いと同じ思いが
皆さんの言葉にもありました。

やはり親心というものはいつまでも「子ども」を心配し、見守ってくれる、
そんなありがたいことにも、あらためて気づきます。

私たち家事塾は、子育てのゴールを「子どもが家を出る日」としています。
どのタイミングになるかはそれぞれですが、
家を出る日その日に向けて、生きていく力として身につけてほしいことはどんな力だろう?
ということをお話しました。


b0118287_1315371.jpg



・自立のことを自分でする力(自立する力)
・身体をつかう力(生物的な力)
・人の役に立つ力(社会で生きる力)

これらの力を、お手伝いは自然と育ててくれるのですが、
家庭の中で、家族のことも考えて行動でき、役に立つことのできる人は、
きっと社会のなかでも役にたつことができるはずです。

そして、家庭の中で助け合うことは、
自分が困ったとき時には、「ちょっと手伝ってほしい」と人を頼り、
困っている人には「手伝おうか?」と声をかけられる人になるのではないでしょうか。

なにより、家事を家族みんなでやることで、
「家族が笑顔になる」ことが、このうえないお手伝い効果です。


ただし。
お手伝いを「やらせる」ことにフォーカスしてしまうと、うまくいきません。
何事でもそうですね。


最初は、
   お手伝いって結構楽しいな!
   やったら喜んでくれたから私もうれしいな!


そんな気持ちからスタートできるといいですね。
その先には、家族のなかの役割としてお手伝いに取り組めるといい。

   自分がやらないと家族が困るな。
   今日はちょっと面倒くさいけど、がんばってみよう。


そんな気持ちとも葛藤して(笑)、

   ついでにこれもやっておこう。
   今日のお母さんは具合が悪そうだから、手伝ってあげよう。


そんな気遣いができる子になったら、もう素晴らしい!
きっと、社会でモテモテの大人になるんじゃないかな。


でもね。
言うのは簡単、そんなサクセスストーリー、あるかいな。
そんな素直な子どもだったら苦労しませんて ヾ(・ε・。)

と、思わず突っ込みたくもなりますね(笑) 
だって、忙しい毎日、子どもにお手伝いをさせるのって、親にとっては忍耐だもの。

時間はかかるし、ハラハラするし、イライラする(こともある)し、
後片付けが倍に増える(こともある)し。
子ども自身も忙しくなったり、思春期に差し掛かってくると、
「え~めんどくさ~い」「うざいんだけどー」ってなる(こともある)し。

それでもね。
イライラしながらも、何回も何十回も注意したりできるのも親心なんですよね。
これが会社だったら、最初の1、2回で「使えない新人」なんて言われてしまうこともある。


だからこそ。
家庭でもっとスムーズにお手伝いにいざなえるようなきっかけづくりをして、
家庭での親と子どものお手伝いとを応援したいと思うのです。
それが、とちぎけんでも「子ども家事塾」を実施する原動力です。

春からの子ども家事塾、どうぞ引き続きみなさまの応援もよろしくお願いします!



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
by murakami-design | 2016-02-01 13:52 | 子ども家事塾