村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アプローチ=路地-2

村上建築設計室です。

アプローチ=路地を考えるときに、重要と思われるのは、

入っていくときの風景の変化と、

出ていくときの風景の変化です。

b0118287_06161059.jpg




















入っていく先に見えてくる風景が

変えるときにどう見えてくるかが重要です。

路地に置かれた要素の見せ方です。

b0118287_06160538.jpg






































朝の「行ってきま~す」

夕方、夜の「ただいま~」の風景が変わって、

「自分の家」の空間(敷地を含めての領域)を

感じることができます。





by murakami-design | 2018-08-16 06:23 | 計画案

アプローチ=路地

村上建築設計室です。

通りから玄関までの空間をアプローチといいます。
敷地の形状、建物の形状を使って
ただの通過動線ではなく
風景のある空間につくっていきます。

b0118287_10214278.jpg
























通りから見えるアプローチ=路地の始まり、
進むごとに代わる風景、
視線の方向によって、
そこに置かれている植栽、
壁、仕上げ材の変化、
それらのものが、人の動きとともに
風景を作り上げています。

b0118287_10242797.jpg





























視線を抜く壁、
視線を受け止める壁、
置かれる要素とともに
その配置によって
また新たな風景が出来上がります。

この路地空間で、
「通りからすぐに家」ではなく、
「家に戻ってきた」という気持ちの変化を
あじわうことができます。

狭小の我が家でも
ささやかながら
アプローチと通りとの関係を
創り出しています。

お隣さんの緑、
視線の抜けによって、
風景がつくられています。



by murakami-design | 2018-08-12 10:26 | 私たちの仕事