村上建築設計室です。

mdesign.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

福島飯坂・子どもの育ちを見守る家、上棟です。

村上建築設計室です。

春の温かさを感じる日、
福島・飯坂の家の上棟となりました。

b0118287_14444966.jpg





















周りをリンゴ畑、もも畑に囲まれた、
とても豊かな環境包まれた住宅です。


b0118287_14465722.jpg




































リビングの大きな開口で
その豊かな風景を切り取ります。


b0118287_14492661.jpg






















連なる山並み、目の前に広がるりんご畑、
開放的な、気持ちの良い空間となります。
家族が集い、自然に囲まれ、穏やかな暮らしが広がります。

b0118287_14500272.jpg








by murakami-design | 2019-04-18 15:00 | 福島・飯坂の家(子育て家族)

福島飯坂・子どもの育ちを見守る家、基礎配筋検査です。

村上建築設計室です。

小雨の降る中での基礎の配筋検査です。
いつ見ても思うのですが、
鉄筋の組まれている全体像を眺めていると、
「美しいなぁ」と思ってしまいます。

b0118287_17281464.jpg






















きれいに配されたべた基礎の基礎底盤の鉄筋、
べた基礎周辺のきれいに成形されている地中梁の鉄筋、
壁をイメージさせる立ち上がりの鉄筋、
とてもとてもきれいに並んでいます。

b0118287_17371164.jpg

































配筋検査で何を見ているかというと、

・基礎立ち上がり位置の確認・・・OK

・各種地中梁形状、鉄筋種類、位置の確認・・・OK

・配筋径・・・OK

・配筋ピッチ・・・OK

・基礎が外部に接する場所の型枠との空き・・・OK

・基礎底盤と捨てコン(現在見えているコンクリート)との空き・・・OK

・配筋継手(鉄筋を重ね合わせつなげている部分)の重ね長さ・・・OK

・各鉄筋の接合部(細い針金で縛ってあるところ)の確認・・・OK

等々です。


次は、基礎のコンクリート打設、
そして、いよいよ建て方(建物の骨組みである柱梁を組み立てること)です。
一気に、平面が立体になり、建物の輪郭が見えてきます。
とても、感動的な瞬間です。
今から楽しみです。

地鎮祭の風景はこちらです。












by murakami-design | 2019-04-06 17:52 | 福島・飯坂の家(子育て家族)